創業以来、瀧澤材木店は滋賀県・長浜市を中心に多くの木の家づくりに取り組んできました。
注文住宅・新築住宅のお話を初めて聞く際、お客様からよく頂く言葉があります。
それは、
「家を建てるなら、本格的な木の家を建てたいと考えていました」です。

長年、地域に根ざした木の家づくりに取り組んできた弊社には最高に嬉しい言葉です。

大手住宅メーカーや建築会社が掲げる、家の構造や材質、機能性や性能、低コスト住宅など、家づくりの特徴や魅力が氾濫する中で、瀧澤材木店は自然環境や地域性を考えた安定した長年変わらない家づくりを目指してきました。

それが「こだわりの木の家」をつくることなのです。

いつの時代にも目まぐるしく変化する経済状況やライフスタイル。
その変化を追いかけるあまりに、家づくりに対する価値感や判断基準が「より満足させるため」という戦略に翻弄されているように感じます。「どんな家を建てることが正解なのか?」という不安を抱かせてしまっているのではないだろうかと。
しかし、本来、人間が感じる「快適な居住空間」とは機能性や性能など数値や比較の結果に正解を出すことではありません。

耐震性や断熱性、建材や部材などは家づくりにとても大切な要素ですが、根本にある「快適な居住空間」とは、お客様が長年、心の中で温めてこられた“家族が長く安心して暮らすこと”に尽きると考えています。

「滋賀県で新築住宅を建てたい」「長浜市内で注文住宅を建てたい」「家族のライフスタイルに合った本格的な木の家を建てたい」と考えてこられた方が、念願の家に出会った時の嬉しさがこの「家を建てるなら、本格的な木の家を建てたいと考えていました」という言葉に凝縮されているのだと捉えています。

家づくりのトレンドを追いかけることなく、単なる価格競争に陥ることのない、お客様がずっと描いていた理想の「本格的な木の家」をつくることが瀧澤材木店の家づくりの基本姿勢です。

また、瀧澤材木店は幅広い世代のお客様からの支持をいただきお選びいただいております。
ブランド力や単なる特長選びで家づくりを考えていない、本質的でニュートラルな強い理想を持ち続けた方にこそ選んでいただけたと捉えています。

一途に頑固なまでの職人気質の木の家づくりに取組みながら、お客様一人ひとりのご要望を徹底的に承り理解し共感し、つくり手として本格的な木の家づくりに鋭意努力してきた結果、実現できた家づくり姿勢だと捉えています。

滋賀県・長浜市で本格的な木の家(注文住宅・新築住宅)をお考えの皆様、ぜひ、瀧澤材木店の家を観て実感してください。
「住まいのご見学&ご相談」フォームからお気軽にお問合せいただければ、担当者より現地をご案内する期日をご連絡させていただきます。
また、お電話でもご予約承ります。

お客様とご家族のこれからを一緒に一生考える建築会社でありたいと考えております。

瀧澤材木店 代表取締役社長 瀧澤 清